Penta creation

ホームへ
2016年09月22日

Raspberry Pi 3BにIGZOパネルを接続

スマートミラーを開発するために、Raspberry Pi環境を構築しました。

オリジナルでディスプレイを制作したかったので、KSYで「SHARP 7インチ 高精細 IGZO LCD 接続キット for Pi」と、ラズベリーパイを触るのは初めてだったので、OSデータを書き込み済みのSDカードが購入できる「Pi 3 Starter Kit 32GB V2」を購入しました。

購入したもの

Pi 3 Starter Kit 32GB V2
Raspberry Pi 3 B+ / Piケース Official for Pi3 赤/白 / KSYオリジナル USB電源アダプター 5V/2.5A/1P
micro USB ケーブル 1m / KSYオリジナル OS書込済 Team microSDHC 32GB / HDMIケーブル A-A 2m
LANケーブル 1m

SHARP 7インチ 高精細 IGZO LCD 接続キット for Pi
SHARP 7インチ IGZO LCD アクリルパネルキット
●ディスプレイ用 micro USBケーブル 1m
●ディスプレイ用 USB電源アダプター 5V/2A
Bluetooth®3.0対応 折りたたみキーボード ケース付き
3ボタン BluetoothR IRマウス [Sサイズ]-M-BT12BRシリーズ

キーボードとマウスは互換性があるようなので、第42回「Model Bシリーズ最新版・Raspberry Pi3!内蔵Bluetoothを使ってみよう」を見て、Raspberry Pi 3BにBluetooth接続できるものを購入。また、「SHARP 7インチ 高精細 IGZO LCD 接続キット for Pi」は、別途、micro USBケーブル(線の太いもの)と5V、2AのUSB電源アダプターを購入する必要があるので注意が必要です。

IGZOパネルの組み立て

IGZOパネルは「Raspberry Pi に小型LCDディスプレイをつなぐ 秋月電子通商7インチ1200×1920とアクリル・パネル」が非常にわかりやすく解説してくれていたので、参考にさせてもらいながら組み立てました。

Raspberry Pi 3BとIGZOパネルの接続

「SHARP 7インチ 高精細 IGZO LCD for Pi」に「Raspberry Pi 3B」を接続するには、いくつか作業をする必要があります。

インターネットで調べてみると「/boot/config.txt」の内容を書き換える必要があるという情報をよく目にするのですが、SDカードをPCにつなげても「boot」や「config.txt」がなくて困りました。
「Pi 3 Starter Kit 32GB V2」の場合、最初はNOOBSがSDカードに書き込まれただけの状態なので、「SHARP 7インチ 高精細 IGZO LCD for Pi」以外のディスプレイにつないで、OSをインストールする作業を行う必要があります。

OSをインストールすると「boot」が作成され、SDカードをPCにつなげると「boot」の「config.txt」を修正することができるようになります。

● ソフトウェアをアップデート

また、ソフトウェアとファームウェアをアップデートしないと、「SHARP 7インチ 高精細 IGZO LCD for Pi」に接続できません。OSをインストールして、テスト用のディスプレイでRaspberry Piを起動できたら、ターミナルアプリで、下記を実行します。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo rpi-update

● config.txt

OSのインストールが完了し、ソフトウェアとファームウェアをアップデートしたら、Raspberry Piをシャットダウンして、SDカードをPCに接続すると、「boot」フォルダが認識されるので、その直下に「config.txt」できています。
config.txtには、最初、音声を許可する設定と、画面を自動で認識する設定のみが書かれている状態なので、バックアップをとって、新しくconfig.txtを作成、下記をそのままコピーすればOKです。

# SHARP 7" Settings:
hdmi_pixel_freq_limit=200000000
hdmi_timings=1200 0 164 8 32 1920 0 12 2 6 0 0 0 60 0 163430000 0
hdmi_drive=2
disable_overscan=1
max_framebuffer_width=1200
max_framebuffer_height=1920

# Landscape
display_rotate=1
framebuffer_width=1920
framebuffer_height=1200

# Test
hdmi_group=2
hdmi_mode=87
hdmi_force_hotplug=1

最後にSDカードをRaspberry Piにセットし、先にIGZOパネル、その後Raspberry Piの電源を入れると、無事「SHARP 7インチ 高精細 IGZO LCD for Pi」に接続できます。

前の記事へ

「箱庭ライト」を製作しました。

次の記事へ

Raspberry Pi 3BでLeap Motionを使う

ページトップへ