2019年05月11日

マッハで学ぶ BlenderCycles プロシージャルマテリアル

Blenderでマテリアルを設定」で基本的なマテリアルを設定しましたが、マテリアルについてもっと知りたかったので、和牛先生の「マッハで学ぶ BlenderCycles プロシージャルマテリアル」を購入して、試してみました。

「マッハで学ぶ BlenderCycles プロシージャルマテリアル」では、いろいろと省略されている部分もあるので、「無料ではじめるBlender CGイラストテクニック ~3DCGの考え方としくみがしっかりわかる」と一緒に読みながら制作するのがオススメです。




マッハで学ぶ BlenderCycles プロシージャルマテリアル

「マッハで学ぶ BlenderCycles プロシージャルマテリアル」には、プリンシプルBSDF、プロシージャルテクスチャ、AdaptiveDisplacementを使用した、ドーナツ、ソフトクリーム、チョコレートケーキのマテリアルの設定方法が紹介されています。ネタバレになってしまうので、詳細は書きませんが、興味があるかたはマッハ新書を購入してみてください。

● ドーナツのブラッシュアップ

Blenderで3DCG制作」でも制作したドーナツですが、プロシージャルテクスチャと頂点カラーを合成したマテリアルを設定して、よりドーナツっぽくなりました!また、テクスチャのサイズとライティングのカラー、カメラの焦点とレンダリングの設定を調整して、前回制作したドーナツをブラッシュアップしました。

Blender GURUのチュートリアル動画では、ドーナツのスプリンクルのランダムなカラーを一つずつ登録していましたが、カラーランプを使用すると簡単に設定することができました。

● ソフトクリームの制作

モデリング方法も学びたかったので、「【ブースト専用】和牛先生のBlenderCafeSweets」も購入させてもらい、ソフトクリームを制作しました。

クリームの部分を綺麗に整えるのと、コーンの柄を調整するのが難しかったです。

● チョコレートケーキの制作

マテリアルについては、まだまだわからないことが多く、見よう見まねですが、チョコレートケーキを制作しました。

金箔はパーティクルで制作していて、パーティクルの操作にはやっと慣れてきました。スポンジケーキのマテリアルは複雑で、イメージ通りにはいきませんでした。



まだまだ、フワっとした質感が出せてなかったり、CGっぽさがどことなく残ってしまっているように思いますが、こうやって少しづつリアリティを出していくんだなという感じはつかめた気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

前の記事へ

Blenderでマテリアルを設定

次の記事へ

PBRでフォトリアリスティックな床の制作