2019年02月21日

Blenderで3DCG制作

WebVRコンテンツを制作するとき、3DCGが制作できると表現の幅が広がります。そこで、Blenderで3DCG制作を始めました。

Blenderで3DCG制作

● Blenderとは

Blenderは、オランダのCGスタジオのインハウス・ツールとして開発され、Blender Foundationの設立をきっかけに、現在はオープンソースで開発されている、無料の3DCG制作ソフトです。3DCG制作といえばMayaや3ds Maxが有名ですが、WebVR用の3DCGであれば、Blenderで十分すぎるほどです。


Blenderの凄さは、Blender Open Movieを見るとわかると思います。



Blenderは前に少しだけ触ったことがあるのですが、今回は本格的に3DCG制作を学びたかったので、モデリングを学ぶために「Blender 3DCG モデリング・マスター」を、制作フローを学ぶために「無料ではじめるBlender CGイラストテクニック ~3DCGの考え方としくみがしっかりわかる」を購入し目を通しました。


● Blender GURU

BlenderはYoutubeにチュートリアル動画が豊富にあるのも魅力の一つです。海外の動画も多いので、説明は英語も多いのですが、今はYoutubeに自動翻訳機能がついているので、英語がわからなくても大丈夫です。

中でもBlender GURUは作例のクオリティも高く、わかりやすいのでお勧めです。数をこなして慣れてしまうのが手っ取り早いので、Blender GURUのBlender Beginner Tutorial Seriesをやってみました。




Blenderでドーナツの制作

● Blenderの操作とモデリング

Blenderを始めて戸惑うのはBlenderの操作です。X軸方向に移動させようとしたらY軸方向にも移動していたり、頂点を移動させようとしたら、裏面の頂点が選択されていなかったり。また、モデリングにも慣れが必要です。そこで、「Blender 3DCG モデリング・マスター」でモデリングの基礎を学ぶとともに、Blenderの操作に慣れていきました。

● Blender Beginner Tutorial Series

Blenderの操作にある程度慣れた段階で、Blender Beginner Tutorial Seriesを見て、ドーナツを制作しました。チュートリアル動画自体の説明は丁寧でわかりやすいのですが、Blenderは基本的にショートカットで操作することが多いため、ある程度の操作に慣れた後にやった方が理解が早いです。

Blender Beginner Tutorial Seriesは、モデリングだけではなく、ノードエディターによるマテリアルやテクスチャの設定、パーティクルやライティングの方法も教えてくれるため、3DCG制作のノウハウを一通り学ぶことができます。



チュートリアルは全部で5時間ありますが、ドーナツの完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

前の記事へ

Oculus GoでWebVRのデバッグ

次の記事へ

glTFをThree.jsで読み込み