2020年02月19日

Blenderで360度パノラマ画像にレンダリング

Blenderで部屋を制作」で制作した部屋の3DCGを、Blender2.8で360度パノラマ画像にレンダリングしました。

360度パノラマ画像にレンダリング

● 360度パノラマ画像とは

360度パノラマ画像は、ある地点から360度見えるものを平面にした画像のことです。Blenderは地図投影法の一種のエクイレクタングラー(正距円筒)図法で、3DCG空間を360度パノラマ画像にレンダリングすることができます。

● カメラの設定

カメラを中央に設置して、カメラの高さ(Z軸)を調整します。カメラのタイプをパノラマ状、パノラマタイプを正距円筒図に設定してレンダリングします。レンダリングに関しては、「Blender2.8でレンダリング(Cycles編)」を参照してください。

Three.jsで360度パノラマコンテンツ制作」でやったように、Three.jsで読み込んだデモになります。Three.jsで読み込む場合、360度パノラマ画像のサイズは、4096px×2048pxがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

前の記事へ

glTF2.0のマテリアルについて

次の記事へ

部屋の3DCGをThree.jsで読み込み