Twitter
2021年08月14日 - Blender

CGWORLDのチュートリアルで部屋モデリング(2)

CGWORLDのチュートリアルで部屋モデリング(1)」に続き「CGWORLDのゼロから学ぶ3DCG教室《部屋モデリング編セット》」で部屋の制作方法を学びました。

CGWORLDのチュートリアルで部屋モデリング

部屋モデリング(10)からは3回にわたり、トイレを制作します。

まずは、三面図を参考にトイレのボディを制作します。トイレのボディは、サブディビジョンサーフェース モディファイアーと平均クリースで形状を調整します。

部屋モデリング(11)は、トイレの蓋や便座などを制作してトイレ本体を完成させます。

部屋モデリング(12)は、トイレの収納棚と操作パネル、トイレットペーパーを制作します。

操作パネルとトイレットペーパーは、管理がしやすいように別ファイルで制作してリンクで配置します。

部屋モデリング(13)からは2回にわたり、洗面所を制作します。

三面図を参考に洗面台、蛇口、排水管を制作し、洗面台の陶器の質感は、プリンシプルBSDFのクリアコートを使用して表現します。

部屋モデリング(14)は、洗面所の鏡やタオルハンガー、コンセントを制作します。

コンセントは形状が少し複雑で、ブーリアン モディファイアーを使用してモデリングします。コンセントをモデリングしたら、マテリアルを設定して洗面所は完成です。

部屋モデリング(15)からは5回にわたり、バスルームを制作します。

まずは、バスルームの壁や床を部屋から分離して、マテリアルを再設定します。また、モデリングしたタイルからノーマルマップをベイクして、床のテクスチャを設定します。

部屋モデリング(16)は、バスタブや風呂蓋、鏡などを制作します。

バスタブはベベル モディファイアーを使用して制作します。

部屋モデリング(17)は、シャワーヘッドのアダプターを制作します。

二面図を参考に基本的な形状をモデリングし、シャワーヘッドの散水穴はブーリアン モディファイアーを使用して穴を開けます。

部屋モデリング(18)は、シャワーヘッドのボディを制作します。

立方体からボディの下半分を、アダプターから上半分をモデリングし、辺ループのブリッジで結合して、形状を調整しながら制作します。

部屋モデリング(19)は、シャワーのホースと水栓、ドアを制作してバスルームを完成させます。

バスルームが完成したら、部屋の完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

前の記事へ

CGWORLDのチュートリアルで部屋モデリング(1)

次の記事へ

Blender2.9でベッドを制作